【英語多読 20冊目】Babe – Pig in the City

多読の記録
スポンサーリンク

How was it?

農場で牧羊犬として働く賢いpig「Babe」のお話。

登場キャラクターが多すぎて途中からごちゃごちゃになり1度挫折して、もう一回メモしながら最初から読んで、根性で終わらせました。

かわいいブタさんのイラストを見ると子供向けの話なのかな?とも思えてしまいますが、内容はどちらかというと大人向けかもしれませんね。

どうしても世界は良い側面ばかりじゃなくて、悪くて汚いところもたくさんある。

そんな中でも、やさしさと愛と勇気を忘れなければ、まわりもだんだん変わってくるかもしれない、そんなことを教えてくれる内容でした。

それにしても、ほんとにBabeは良いやつすぎますね、、いくら部外者とはいえ、あんな扱いを受けたら自分だったら周りを大っ嫌いになります。笑

困ってる者がいたら助ける、当たり前と言えば当たり前ですが、それをすぐに実行に移せる彼は本当にすごい。

Hoggettさんたちが愛情をもって接してたからかもしれないですね。

ペットのためにあそこまで必死になれるって、本当に愛してるんだなーって分かりますよね。

あと終盤のパーティー会場のシーン、あれはひどいですね。笑

最初に初めて読んでるときは「マジで何言ってんだ?どういう状況だ??」というカオスな状態で、ネットで映画のシーンを見てやっと理解できました。

初見の人は理解できなくても仕方がないと思います。

てかHoggettさんってあんなに太ってて歳もわりといってたんかい!っていうね。笑

この本、実は背伸びしてレベル2に初めて手を出した1冊だったので、正直最後まで読むのは辛かったです。

でも読み終わってみると結構おもしろい話だったし、読む価値は十分にあるかなと思います。

ただ、マジで登場動物が多すぎるんで、名前だけはメモしてったほうがいいな、これ。笑

Words and phrases

  • clown:ピエロ、道化師

  • pulled the door shut:ドアを引いて閉める

  • Oh, dear!:驚きや悲しみを表す間投詞

  • light(p14):点火するための火

  • put out the fire:火を消す

  • look hard at (p29):じっと見つめる

  • bicycle-for-two:2人乗り自転車

  • braces:ズボンつり→suspenders

Record

タイトルBabe Pig in the City
シリーズPenguin Readers
レベル(YL)Level 2 (2.4-2.6)
語数8165
累計語数41338
評価★★★☆☆
時間(1回目)2h54m (2回目で読破)
時間(学習時間)4h45m

コメント

タイトルとURLをコピーしました