【英語多読 18冊目】The Battle of Newton Road

多読の記録
スポンサーリンク

How was it?

新しい道路を建設したい技術者と、それに反対する女性教師のお話。

新しい設備よりも、人々との関りを大切にしたいという彼女の強い意志と、どうしても仕事をすすめなくてはいけない技術者の葛藤がぶつかり合う、難しい問題についてでした。

印象的だったのは、やっぱり技術者Wood氏が優しすぎるところですね。

まったく高圧的じゃなく、人々の意見を否定せずに受け入れるあたりとか、本当に人としてすごいなぁと。

日本でも高速道路建設のための立ち退き問題とか、けっこうありましたよね。

ずっと守ってきた農園をつぶさないといけないとか。

でもあれ、無情にも強制的に反対を押し切って住民を引っ張り出して建設してましたよね、、ほんとWood氏とは大違いや、、、泣



最終的なWood氏の決断もすごかったし、なによりSallyさんが強すぎたけど(笑)、とても爽やかな良い終わり方でしたね。

おもしろかったです。

Words and phrases

  • civil:一般人の、民間の
    →civil engineer:土木技師
  • knock down:取り壊す、分解する

  • Yes, it is (p3):「いいえ、大事です」→ おそらく、英語と日本語で答え方が真逆のパターンかと

  • Hmm:うーん、、→ 考え中。つまり、Woodさんが「いい道だろう!」と言ったことに対して、面白半分に「うーん?どうかしら??笑」みたいなジョークのノリで言ってるのでは?

Record

タイトルThe Battle of Newton Road
シリーズPenguin Readers
レベル(YL)Level 1 (1.0)
語数1649
累計語数29039
評価★★★★☆
時間(1回目)15min
時間(学習時間)28min

コメント

タイトルとURLをコピーしました