【英語多読 11冊目】Between Two Worlds

多読の記録
スポンサーリンク

Summary

看護師のJoannaとflying doctorのBobは、電話を受けてある小さな村へ診療に出かけた。

そこで8か月の赤ん坊が重い病にかかっていると分かり、Joannaは赤ん坊を連れて遠く離れたシドニーの病院に行くことになった。

そこでの治療により赤ん坊は元気になり村に帰るときが来たが、Joannaは治療に当たったドクターから、うちに来ないかとオファーを受ける。

すぐに返答ができないJoannaは、シドニーの街をいろいろ見て回った。

ふと立ち寄った店の窓に、ある大きな絵を見つけるJoanna。それを見るとなぜか懐かしい気持ちになり、彼女は涙した。

この後、彼女が下した決断とは。

How was it?

なんだか心温まるストーリーでした。900words台でここまで描けるのは本当にすごいですわ。。

新境地に挑んでいくのか、慣れ親しんだ場所を大切にしていくのか、この2つを選べって言われたら、誰しも悩んでしまいますよね。

でも彼女の決断はすごくよかったんじゃないかなーって思いました。

Words and phrases

  • sister:看護師

  • why not? → ここは「提案」かな。「どうだい?」みたいな

  • wave goodbye to:~にさよならと手を振る

What does this mean?

  • But it's good to be home. (p.15)
    ボブに「シドニーはきれいな街だろ?」と聞かれた後の言葉。
    「ええ。でも"to be home"には良いわ。」

    文脈的には、「でも住みたくはないわね。」とかが来てほしいんだけど、そんな風には見えない。なぞ。。

Record

タイトルBetween Two Worlds
シリーズPenguin Readers
レベル(YL)easy starts (0.8)
語数933
累計語数13729
評価★★★★☆
時間(1回目)14min
時間(学習時間)51min

コメント

タイトルとURLをコピーしました