【第241回 TOEIC L&R】受験後の感想

TOEIC

6月23日(日)に、第241回TOEIC公開テストを受けてきました!

1年前にIPを受けたのが初TOEICだったので、今回で2回目、公開テストは初受験となります。


僕はまだまだ余裕がないので、他の方のように客観的に分析しながら解くなんてできませんでしたが、それでもちゃんと振り返っておきたいので、僕なりにまとめてみます。

スポンサーリンク

リスニングセクション

Part1


すべて聞き取れたわけではありませんが、正解はだいたい選べたと思います。

リスニングのセクションでは一番簡単なやつですよね?
落としてはいけないパートのような気がしました。

というかこのパート、写真がシュールで面白いですよね。

あの会議中に1人だけ真顔でPCをいじってたおじさんには笑いました。
Youtubeでも見てたんですかね?笑

Part2


応答問題ですね。

半分くらいはできたかな?

とりあえず5W1Hを聞いておけば解ける問題はやりやすかったです。
「いつ?」って聞いてんのに場所とか答えるのは明らかに変ですよね。笑

それ以外はさっぱりでした。

Part3&4


とりあえずほとんど聞き取れませんでした。内容は2~30%くらいの理解で、断片的にキーワードを拾うことで精一杯でした。

でもPart4の中でも、ジャンルを聞く問題と、これからするであろう行動を選ぶ問題は比較的解きやすかったですね。はじめと終わりの会話に注目すれば正解を選べた気がします。

リスニング総評


ダメダメでした。ほとんど聞き取れてないですもん。

唯一解けたのは、設問を最初に読んでいてたまたまキャッチできたり、流れが分からなくても断片情報で分かったものくらいです。自分なりに必死で食らいつきました。

でも聞こえないものは聞こえません。音質は僕程度のレベルの受験者にはもったいないほど良かったはず。

リーディングセクション

Part5


単文穴埋めとは、文法問題のことでいいんですかね?
個人的にはセンター英語の大問2を思い出しました。

品詞や文法の決まりで解けるものはできましたが、文の意味はほとんど分かりませんでした。圧倒的語彙力不足!

なので単語力を問う問題は歯が立ちませんでした。

受験者のブログを見ていたら、「文法力は単語力」と言ってた方がいましたが、ほんとにその通りだなと。

Part6


同じ穴埋めでも、Part5よりは取っつきにくかったです。

これも文法で絞れるものはできたと思いますが、意味的に考えると実力不足でちんぷんかんぷんでした。

Part7


残り45分あったので、今回はわりといけるのでは?と思いましたが、結局は最後の6、7セットほどを塗り絵にしてしまいました。遅すぎる...。

時間配分的には55分が目安らしいですね。。圧倒的実力不足です。

「時間があったら解けるのにー!」という感じがまた悔しさを増大させますね。

早く解くのにネックだったのが、内容一致ですね。言い換えられると文を理解するしかありません。


一文挿入はわりとやりやすかったと思います。

みなさんシングル・トリプルとか言ってて、「なにそれ?」というレベルなので、

TOEIC対策もした方がいいのかなぁと感じました。

リーディング総評


語彙力不足とスピード不足を痛感しました。塗り絵があまりにも多すぎました。

解くのが遅いのは、何度も選択肢と文を読み返しながらいちいち悩んでるからですね。

英文に耐性がついていないのか、語彙力不足なのか、
とにかくあらゆる原因のせいで英文の内容が頭にすんなり入ってこないことが問題なんだと思います。

センター試験の英語を時間内にできるようになるまでにも相当時間がかかったので、TOEICを時間内に解き終わるようになるにはとても長い道のりになりそうです。

個人的難易度


全く他の方には参考になりませんが、今後のために体感の難易度を残しておきます。

  • Part1: 普通
  • Part2:
  • Part3: 激難
  • Part4: 激難
  • Part5:
  • Part6:
  • Part7: 難(時間は激難)

笑うに笑えないですね..。

総評


圧倒的実力不足です。リーディング・リスニングともに語彙力が本当に不足してるなぁと感じました。

後はリスニング力が圧倒的に乏しい。

5W1Hすら聞き取れない問題もありました。

この通りこてんぱんにやられましたが、自分に実力がないことを再認識できたのと、自分に渇を入れるいい機会になりました。無謀と分かっていながら使命感で受験を決めた自分を誉めようと思います。

前回の初受験で545を取ってから約170時間勉強をしましたが、全く変化は感じられませんでしたね。

たとえこれでスコアが600を越えていたとしても、一喜はしないことにします。
点数なんて関係ないです。あれほどまでに分からなかったんだから。

もっと本気でやらなきゃです。隙間時間とかもうまく使って英語回路を早く作ります。

余談ですが、、


今回は公開テストっていうものを初めて受けまして、大人と一緒に受けられる試験は人生初でした。
だから慣れない空気に飲まれないかとても心配してました、正直。

ところがどっこい、会場を見渡すと

「ほぼ大学生やん!!」

ここまで大学生率が高いとは想像もしてなかったです。

やっぱり社会人はそんなに時間がないのか、はたまた諦めたり英語なんてどうでもいい!って人が多いのか..。

僕の受けた会場が珍しかったんですかね?
経験豊富な方、いろいろと教えていただけるとありがたいです。。

おわりに


とりあえず、お疲れさまでしたー!!

あっという間の2時間でしたが、実力不足を痛感できたり、TOEICの空気感を味わえたりと、収穫の多いテストだったと思います。

それにしても他のブロガーさんたちは、なぜあそこまで試験内容を覚えていられるのか...。
僕も早くその余裕がほしいです。

あとは結果を待つのみ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました