【英語多読 16・17冊目】Tinkers Island / The Big Bag Mistake

多読の記録
スポンサーリンク

How was it? ①

16冊目はTinker親子の波乱万丈な人生のお話。

前にもeasy startsでTinker親子のアメリカ移住のお話があったのですが、まさかのその前のストーリーでした。

にしても行動力にしても生命力にしても運の悪さにしても、本当にこの2人は強すぎますわ。笑

タイトルTinkers Island
シリーズPenguin Readers
レベル(YL)easy starts (0.8)
語数957
累計語数26584
評価★★★★☆
時間(1回目)9min
時間(学習時間)20min

How was it? ②

静かなところが好きなGiselaと騒がしいところが好きなRicardの異色コンビの面白いお話。

典型的なパリピであるRicardのグイグイ感と、それをあからさまに嫌がって拒絶するGiselaの様子を臨場感たっぷりに描いているところがとても面白かったですね。

あいつから逃げたいから早く荷物こないかなー?って、めちゃくちゃ笑いました。笑

その後の展開もすごかったですが、とりあえずGiselaの原稿が無事でよかったのと、なんでRicardは汚い服しかバッグに入ってないねん!と思いましたね。

爽やかで軽快なストーリーでした。

  • manuscript:原稿・文書

  • knock:ぶつかる

  • Is it? (p4) → 「ああ、そうなの?(どうでもいいけど)」みたいな感じかな

  • sigh:ため息をつく、ため息まじりに言う

タイトルThe Big Bag Mistake
シリーズPenguin Readers
レベル(YL)easy starts (0.8)
語数806
累計語数27390
評価★★★★★
時間(1回目)8min
時間(学習時間)24min

コメント

タイトルとURLをコピーしました