TOEICにどう向き合っていくか?【スコア550の雑魚大学生が考える】

TOEIC

先日、第241回TOEIC L&R公開テストを受けてきました。

1年前に初めて受けたTOEICは545点。それから約170時間の勉強をしましたが、手応えとしては惨敗でした。

でもこれだけ打ちのめされると逆にモチベーションが爆発しまして、ちゃんと目標を決めておこう!と思い立ったわけです。

勉強の方針を立てるのはもちろんですが、その前に「こんなTOEIC高得点者になりたい!」という理想像についてしっかりイメージしておかないと!

というわけで、

  • TOEICをどう解けるようになりたいのか?
  • なりたい高得点者の理想イメージ
  • 現状では何をすべきか?

このような内容を、今の弱小レベルだからこその視点から考えていきます。

点数を取ってる頃には初心なんて覚えてないだろうし、残しておくだけでも後世に役立つかなと、そんな思いも込めてます。

㊟口だけデカい奴のオピニオン記事なので、目次を見て「うわっ...」と思った方はこの先は読まないことをオススメします。

スポンサーリンク

TOEICのための勉強は死んでもやりたくない


僕はTOEIC対策をやりたくありません。テクニックを学ぶ気も0です。
(TOEIC向けの塾の方、ブロガーさん、本当に申し訳ありません。m(_ _)m)

  • 大学生になったからTOEICだ!と、問題集を買ってひたすら解き始める学生
  • やたらTOEIC攻略講座を進めてくる大学

疑問しか湧いてきません。

まあ仕事で資格がいるとか、TOEICの点数が仕事生命にかかってるとか、そういうのなら納得できます。ある条件をクリアするには、点数がすべてだし。

でも大学生がTOEIC対策をやるって、ちょっとよく分からないですね。

就職に有利だろうって理由だけのためにやるなんて絶対つまらないし、それで良い企業に行けたとしてTOEICしかできないのなら使い物にならないし。

テクニックの暗記なんかに時間を使うんだったら、それを根本からの勉強に使った方が絶対役に立つはずなのに。

TOEIC高得点をとることが目的になってるのが世間の現状だと思いますが、僕はTOEICを「現状の把握ツール」と思えるくらいになりたいです。

英語を学ぶ目的が資格の点数なんて、そんなつまらないことはしたくないです。

じゃあなんでTOEICにこだわるの?


「根本から英語の力をつけたいのなら、なんでそんなにTOEICに固執するの?」というツッコミがあるでしょう。

正直に言います。やはり進学や就職で少なからず役に立つと思ったからです。

資格としては有名すぎますからね。


つまり結局は他の大学生と同じ考えです。

でも高得点はあくまで結果的なものにしたい。ここに変なこだわりがあります。

TOEICの目標

  • 自信をもって解答を選び、時間内に解ききる
  • TOEIC対策ゼロでスコア900を超える

これが今の目標です。

1つ目の目標ですが、つまりは「答えが合っているかどうか」ではなく「どれだけ理解して解答を選べたか」を重視したいってことです。

例えば僕が1年前に受けたTOEICのスコアは545でしたが、自分には545点分の実力があるとは思えません。

確信を持って選んだものは半分もないだろうし、運で当たったものもたくさん含まれているからです。

だから今の解いてる感覚でスコアが上がっていったとしても、それは喜ぶことじゃないかなって思います。
「これはこういう内容の文だから、答えはこれしかないよね!」という解答をそのままスコアに反映できるようになりたい。

あとは2つ目。これは自分の中での大きな野望です。

圧倒的な英語力でスコア900を超えられたなんて、めちゃめちゃカッコ良くないですか?笑

「平均的な大卒のネイティブにTOEICを解かせたら、みんな900以上をとれた」

こんな情報を仕入れたこともあって、英語力をつければ対策なし高得点も不可能ではないのでは?と思いました。

というか受験用の勉強はすでに大学入試でうんざりしたので、TOEIC用の参考書を買う気が0です。
もうこの道しかないのです。。

何をすべきか?

結局は「英語力」

対策がどうのこうの言っといて、結局は英語力なんですよね。

対策をしまくった高得点者も、インチキなんかではなく、めちゃめちゃ英語の底力があるわけです。テクニックだけで900をとらせてくれる問題ではないですからね。

僕が対策についてこだわってしまったのは、

TOEICハイスコアでも英語話せない人多数」という情報に踊らされてしまったからです。

「なーんだ!TOEICできても英語話せないのか!」と。

でもよく考えてみれば、「L&R」なんだからスピーキングができないのなんて当たり前ですよね。
(当たり前でいいのか!って問題は別として)

これからは真の英語力をつけるために、とにかく基礎からしっかりやります。

具体的には、英語上達完全マップを参考に進めていこうと思います。森沢さんの考えにはとても感銘を受けたし、理想的だなぁと感じたので、このやり方を信じてみます。

おわりに


散々偉そうなこと言っといてなんですが、結局はTOEIC高得点の人が本当にかっこよくて、自分もそうなりたいっていうのが心の底にあります。

TOEICの感想を冷静に分析してるブロガーさんとか、憧れと尊敬の対象でしかないし。。

とにかく以上が今のレベルの僕が思っていること。

整理のためのただの自己満記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました